胃の不調で、お悩みの方へ

吐き気・嘔吐と頭痛(緑内障)

ひとが物を見るのには、眼球から視神経を通って、
脳に色や形の情報を送るからです。

 

 

伝わった情報が脳で画像として組み立てられて、
私たちは見えたものを認識するのです。

 

 

緑内障とは、視神経に障害が起こりまして、
視力や視野(見える範囲)に障害を起こしてしまいます。

 

 

緑内障の原因

 

 

眼球そのものは軟らかく、球形を保つには、
内部から外側に一定の力が必要なのです。
それを眼圧(がんあつ)と呼んでいます。

 

 

その眼圧が高くなると、圧力によって視神経が萎縮します。
そして緑内障の障害が出てきます。

 

 

また眼圧が正常でも、視神経が圧力に耐えられない場合に、
視神経に異常が起きるとされています。

 

 

緑内障には多くの病型があり、
とくに眼圧が正常範囲のタイプがが日本人に多いことがわかっています。

 

 

緑内障の症状には、急激に眼圧が上昇して眼の痛みや頭痛、
吐き気など激しい症状を起こすもの(急性緑内障)と、

 

 

ほとんど自覚症状がないまま、
病気が進行してしまうもの(慢性緑内障)があります。

 

 

緑内障の診断は、眼圧検査、眼底検査、隅角検査、視野検査、
画像解析検査などです。定期検診などで異常があった場合、
必ず眼科医の診察を受けるようにしましょう。

 

 

緑内障の治療は病状に合わせて選択されます。
大多数を占める慢性緑内障で視野異常が進行していない場合は、
まず薬物による治療(主に点眼薬)から始めます。

 

 

薬物では眼圧が十分に低下しない場合、
視野異常の進行が止まらない場合は、
レーザー治療や手術治療が行われます。

 

 

緑内障は生涯にわたる管理が必要となります。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集